牟礼町観光スポット

五剣山・八栗寺

五剣山

峰が5つの剣のように切り立っている五剣山。5つの峰のうち東の峰は1707(宝永4)年の大地震で崩壊して、いまでは“四剣山”になっています。
この南腹にあるのが、四国霊場第85番札所八栗寺。空海が唐へ渡る前、五剣山に登り、8つの栗を埋めたことから「八栗寺」と命名されました。



「歓喜天」− 夫婦和合の神、商売・福徳の神

八栗寺本堂 八栗寺のご本尊は聖観世音ですが、ご本尊にまして人気を呼んでいるのは、本堂左前の聖天堂に祀られている「歓喜天」。この歓喜天はインドにおいて「ガネーシャ」と呼ばれ、頭は象で身体が人間の男女二像の和合神で、ご開帳は50年に1度という秘仏です。人の歓を喜とする天尊であり、人々の災を除き、福徳財宝をさずけ、商売繁盛の守り本尊とされています。
現世ご利益に霊験あらたかとあって初詣以外にも、毎月1日と16日の縁日には、何があろうが欠かさずお参りするという、律義で信心深い参拝客が大勢詰めかけます。

八栗寺本堂

■拝観自由

■交通アクセス

お車利用 コトデン八栗駅から車で5分 八栗ケーブル
八栗ケーブル
ケーブル利用 コトデン志度線八栗駅より徒歩約20分で八栗登山口へ
八栗登山口からケーブルで4分、山上駅より徒歩3分
所要時間 4分
運賃大人
(中学生以上)
往復900円(上り550円・下り450円)
小学生 往復450円(上り280円・下り230円)
幼稚園児以下 大人一人付添いにつき一人は無料
運転時間 平日 7:30〜17:15 
日・祭日 7:00〜17:15
毎月1日 5:00〜17:15
運転間隔 常時15分毎運転
お問合せ 四国ケーブル株式会社 
TEL087-845-2218
八栗ケーブルのホームページへ→